結婚式の日取り

結婚式を友引に挙げるのは良いけど、お昼はダメ?

投稿日:

「友引」は冠婚葬祭の日柄としてはあまり良くない、
というイメージを持つ人も居るかもしれませんね。

確かにお葬式には不向きですが、
華燭の典である結婚式の日柄としては友引は大安の次に望ましいとされているんです。

ただ大安と違って友引に婚姻を結ぶ場合には、
注意しなしなければいけないこともあります。

そこで結婚式の日柄として友引が望ましいとされるのはなぜか、
友引に婚姻を結ぶ際の注意点などについて詳しく見ていきましょう。

友引ってどんな日?

友引は古い暦の1つである六輝(六曜)の曜日で、
現在主に使われている七曜の月曜とか火曜とかと同じようなものです。

大安の次に良い日柄とされるんですが、友引は
 ・朝・・・吉
 ・正午・・・凶
 ・夕方・・・大吉
と1日の中でも時間帯によって吉凶が分かれています。

また現在では「友」+「引く」で友引ですが、元々の六輝では「共引」という表記で
「何事も引き分けに終わる日」って解釈をされることもあります。

友引に婚姻を結ぶなら

友引に婚姻を結ぶんだったら、夕方に結婚式を挙げたり婚姻届を提出するのが
モアベターで、夕方の都合が悪いなら午前中がベターです。

ちなみに六輝の朝・正午・夕方の定義は
 ・朝・・・11時より前
 ・正午・・・11~13時
 ・夕方・・・13時より後
で、夕方と言っても夕暮れ時ではなく、13時より後のお昼の時間帯も含まれるんですね。

なので、友引に婚姻を結ぶなら、
挙式の開始時間や婚姻届の提出時間を13時以降にすれば良いわけです。

友引の午前中に挙式を行うのであれば、
開始時間が午前中ならOKで、終了時間が正午にかかってもノープレブレムですよ。

引出物や結婚式の招待状を送る日としても友引は相応しいんですが、
宅配や郵送で相手の受け取る日時が分からない場合は気にしなくてもOKです。

友引に「友を引く」という意味は無い!?

友引はその表記から「友を引く」って意味もあると考えられがちです。

ところが、先にも書いたように友引は元々共引と表記されていて、
共引には「友を引く」といった意味はありません。

陰陽道の考え方の中に、
特定の方角に向かい物事を行うと災いが降りかかる「友引日」といったものがあり、
これと六輝の共引が混同したのではないかと言われています。

陰陽道の友引日は友人にも影響を及ぼすことから、
「友引=友を引く」って解釈が定着したんですね。

現在では「友人にも影響を及ぼす」を「幸せを友人にお裾分けする」と拡大解釈して、
友引が婚姻を結ぶのに相応しいとしているわけです。

逆に「友を引く」から「友人を連れていってしまう」ってことで、
お葬式の日柄としては友引は相応しくないとなっています。

六輝は2つずつセットで覚える

結婚式や婚姻届の提出といった自分たちことだけでなく、
夫妻としてこれから生活していく中で
 ・お祝い
 ・お見舞い
など色々な慶弔事に関わります。

自分たちは六輝に重きを置いていなくても、相手方が重きを置いていることも
考えられますから、六輝のそれぞれの意味ぐらいは覚えておいた方が良いですね。

六輝を1つずつ覚えるのは大変ですから、2つずつセットにすると覚えやすいですよ。

例えば、吉日である「大安」と凶日である「仏滅」、正午のみ凶の「友引」と正午のみ吉の
「赤口」、午前が吉の「先勝」と午後が吉の「先負」といった具合です。

慶事なら仏滅だけは避けて、
 ・赤口・・・正午(11~13時)
 ・先勝・・・午前中
 ・先負・・・13時から後
にすれば良いってことになりますね。

反対に弔事の場合は大安と友引を避けて、仏滅や赤口を選ぶと良いわけです。

七曜にも吉凶がある

七曜が定着した現在でもその日の吉凶には六輝に重きを置く人が多いですが、
七曜にも六輝と同じように吉凶があることはあまり知られていません。

六輝と七曜では少し解釈が違いますが、
分かりやすく対応させると以下のようになります。
 ・大安・・・日曜、木曜
 ・友引・・・月曜
 ・先勝・・・水曜
 ・先負・・・火曜
 ・赤口・・・土曜
 ・仏滅・・・金曜

七曜では日曜が一番の吉日ですが、
特に婚姻を結ぶってことに関しては木曜の方が吉日だったりします。

月曜は「神仏祈願特に良し」なので、
神前式や仏前式での挙式だったら月曜も相応しいってことになるんですね。

次の日が休みってことで金曜や土曜に挙式する新郎新婦も多いですが、
七曜の解釈では金曜と土曜は婚姻を結ぶにはあまり相応しくありません。

友引の挙式にはメリットが無い?

日柄という点では友引は結婚式を挙げるのに相応しいんですが、
結婚式を挙げるという点においては友引にはあまりメリットが無いんです。

友引は日柄が良いと言っても大安と比べると1ランク落ちますし、
それでいて挙式日としては人気があるので結婚式場の予約が取りにくくなっています。

さらに、仏滅や赤口といった結婚式にあまり相応しくない日柄だと
大幅な料金割引が受けられますが、友引だと割引もほとんど期待できません。

仏滅だと挙式費用が半額になったり、100万円以上のオプションが
無料になったりするので、費用面に重きを置くなら友引はナシですね。

まとめ

六輝は中国から伝わったと言われていますが、それぞれにいくつか解釈があり、
根拠も明確ではありません。

なので、これから婚姻を結ぶのに六輝に重きを置いた方が良いかどうか迷っている
場合は、六輝に重きを置く必要は無いです。

しかし年配の方は六輝に重きを置いているケースも多いですから、
友引に婚姻を結ぶのも親孝行の1つと言えるかもしれないですね。

ただ六輝に重きを置かなければ、
大安や友引ではなく赤口や仏滅を選ぶことで費用面がお得になりますよ。

-結婚式の日取り

Copyright© 結婚式の豆知識 , 2020 All Rights Reserved.