結婚式の日取り

仏滅に結婚式を挙げた芸能人で離婚した人はいる?

投稿日:

「結婚式の日にちが仏滅だったんなら離婚になる確率が高い」といった噂を聞いて、
仏滅以外に結婚式を挙げることを考えている新郎新婦も多いはずです。

離婚になるかどうかは置いておくとして、
一般的に仏滅は縁起が良くない日となっておりますから、
華燭の典である結婚式の日にちとしては相応しくないと考えられているのです。

と言っても仏滅に婚姻を結んで幸せに生活を続けていらっしゃるご夫妻も
沢山いらっしゃいますし、芸能人にも仏滅に婚姻を結んだ夫妻がいらっしゃいます。

ではなぜ結婚式の日にちが仏滅だったんなら良くないと言われるのか、
挙式の日にちが仏滅だったんなら離婚になるといった噂の真偽などについて
詳しく見ていきましょう。

仏滅ってどんな日?

「仏滅=縁起が良くない日」ってことはなんとなくに知っていても、
仏滅がどういった日であるのか詳しくは知らないケースも多いと推定できます。

仏滅は「六輝(六曜)」という暦の曜日の1つで、
現在主に使われている「七曜」で言えば日曜や月曜などと同じと考えられます。

仏滅は「万事に凶日」で、特にお祝い事や祭事には適さないってことで
華燭の典を行うには相応しくないとされているんです。

ちなみに、仏滅を「仏が滅んだ日」と解釈している人も居るでしょうが、
六輝と仏教には何の繋がりもありません。

仏滅には別の解釈もある

一般的に仏滅は「万事に凶日」と解釈されますが、実は仏滅には別の解釈もあるんです。

仏に滅すると書く仏滅は江戸時代頃に当てられて字で、元々は「物滅」と表記されて
「全ての物が滅びて、新しく始まる」といった解釈の仕方もあります。

それが陰陽道などの影響によって「仏も滅するほどの凶日」といった解釈へと変遷し、
表記も物滅から仏滅へと変わっていったんですね。

仏滅を新しく始まる日と解釈すれば、新しい人生の門出である華燭の典を行うのには
むしろ相応しいってことになりますよね。

実は七曜にも縁起の良い悪いがある

結婚式など冠婚葬祭の時に六輝に重きを置く人も居ますが、
実は現在主に使われている七曜にも冠婚葬祭に関わる縁起の良い悪いがあるんです。

六輝と七曜で多少解釈が違いますが、強引に対応させると
 ・大安・・・日曜、木曜
 ・友引・・・月曜
 ・先勝・・・水曜
 ・先負・・・火曜
 ・赤口・・・土曜
 ・仏滅・・・金曜
となります。

華燭の典を行うには大吉日である日曜か木曜がもっとも良くて、
「神仏祈願特に良し」の月曜も適してますね。

ゲストのことを考えて休日前の金曜・土曜に挙式する新郎新婦も多いでしょうが、
七曜の解釈では金曜と土曜は華燭の典を行うのには不向きですよ。

結婚式を仏滅に挙げたら離婚になるって本当?

「結婚式の日にちが仏滅の夫妻は離婚になる確率が高い」と言われたりしますが、
これは噂レベルの話で何の根拠もありません。

六輝1つずつの離婚率は調査されていませんが、婚姻を結んだのが仏滅の夫妻の
離婚率が高くないと考えられる「状況証拠」はあります。

かつては六輝を重んじて仏滅に婚姻を結ぶ新郎新婦は少数だったんですが、
最近は仏滅に婚姻を結ぶ新郎新婦が少し増えています。

以前は仏滅に婚姻を結ぶ新郎新婦の割合は全体の5%程度だったが、
最近は6~8%程度になっているといった調査もあります。

それから厚生労働省の調査によると、
近年は離婚件数が減少傾向にあるという結果が出ているんです。

仏滅に婚姻を結ぶの夫妻が増えて離婚になる夫婦が減ってるってことで、
仏滅に婚姻を結んだ夫妻が離婚になった割合も減っていることになります。
(仏滅に婚姻を結んだ夫妻だけが離婚になっているんだったら別ですが・・・)

なので「結婚式の日にちが仏滅だったんなら離婚になる」っていうのは、
仏滅は縁起が良くない日から連想されるイメージだけのことなんですね。

仏滅の挙式はメリットが多い

六輝の解釈では仏滅は華燭の典を行うのに相応しくありませんが、
結婚式を挙げることだけを考えた場合には仏滅って結構メリット多数なんです。

1つには、仏滅であったら結婚式場の予約が入れやすいことがあります。

減ってきているとは言ってもまだまだ六輝に重きを置く人は多いですから、
結婚式場の予約は大安や友引から埋まっていきます。

逆に仏滅は結婚式の予約が入りにくいですから、
人気のある結婚式場でも比較的簡単に予約が取れてしまうんですね。

実際に大安だったなら半年以上先まで予約が入れられない結婚式場でも、
仏滅だったなら1~2か月先でも予約が入れられることがありますよ。

日にちではなく結婚式場にこだわりがある場合は、仏滅は狙い目ですね。

仏滅だったなら挙式費用が大幅割引に

仏滅は結婚式の予約が入りにくいってことで、
仏滅に割引を用意している結婚式場が多いのはブライダル業界では常識です。

結婚式場によって割引幅は大きく違いますが、大体30%前後の割引が
受けられることが多く、50%以上の割引が受けられることもあります。

挙式代や会場費が無料になるといったケースもあって、
金額で言うと100万円以上の割引となることもありますよ。

特に六輝を気にしないのだったんなら、
逆に仏滅を選ぶとお得に華燭の典を行うことができるんですね。

仏滅に婚姻を結んだ芸能人

仏滅に婚姻を結んだ主な芸能人夫妻には
 ・HIROさん、上戸彩さん(入籍)
 ・水嶋ヒロさん、綾香さん(入籍)
 ・井上康生さん、東原亜季さん(挙式)
 ・草野とおるさん、山田まりやさん(挙式)
などといった方々がいらっしゃいます。

色々と外野の声がうるさいご夫妻もいらっしゃいますが、
いずれもお子さんが居て離婚とは無縁な生活を送っておられます。

逆に縁起の良い日に婚姻を結んで離婚になった芸能人夫妻も居り、
華燭の典を行う日にちが夫妻の関係に影響を及ぼさないってことが分かりますね。

まとめ

一般的に仏滅は縁起が良くない日とされているので、六輝に重きを置くんだったなら
婚姻を結ぶ日にちが仏滅になるのは避けるようにしましょう。

新郎新婦が六輝に重きを置いていなくても、親や親せきが六輝に重きを
置いているんだったなら、仏滅以外に婚姻を結ぶことを考えるも1つの方法です。

とは言っても仏滅は結婚式場の予約も入れやすく、大幅な割引が受けられる可能性も
あるので、六輝に重きを置かないんだったなら逆に仏滅を選ぶのもアリですよ。

-結婚式の日取り

Copyright© 結婚式の豆知識 , 2020 All Rights Reserved.