結婚式の日取り

赤口に結婚式を挙げても幸せになれる?

投稿日:

誕生日やプロポーズされた日など二人で色々と考えて決めた結婚式の日取りを
親に報告すると、「赤口に結婚式か」と難色を示されるといったことがあります。

「赤口(しゃっこう・せきぐち)」は六輝(六曜とも)という暦の1つで、
六輝においては仏滅に次いで赤口は日柄が悪いとなっています。

とは言え最近は六輝を重んじる人も減ってきていますし、
二人が六輝を重んじないなら別に挙式日が赤口であっても全く構わないです。

ではなぜ赤口に華燭の典を行うことが良くないとなっているのかなどについて、
詳しく見ていきましょう。

挙式日が赤口だとダメなのはなぜ?

六輝の赤口は
 ・正午(牛の刻、11~13時)のみ吉
 ・正午以外は凶
で、特に新しいことを始めるには不向きと受け止めらています。

また赤口の「赤」は火や血を想起させるので、
火や刃物の取り扱いには特に注意が必要な日としても知られているんですね。

結婚式は新郎新婦にとって「新しい生活のスタート」でもありますし、
キャンドルサービスにケーキカットと結婚式では何かと火や刃物を使いますよね。

そのため、結婚式を挙げちゃダメってわけじゃないですが、
結婚式を赤口に挙げるのはあまり良くないと思い込まれているわけです。

赤口より仏滅の方がマシ?

六輝の中で縁起がもっとも良くないのは「仏滅(ぶつめつ)」ですが、
挙式するなら赤口より仏滅の方がマシと考えられていたりもします。

仏滅には、「全日が凶」という解釈とは別に、「物事がいったん滅びて
新たに始まる日で、昼からは吉」という解釈もあるのです。

そのため仏滅の午後なら華燭の典を行うのに問題が無く、
むしろ新しい人生のスタートには適していると言われたりもしますよ。

赤口は新しいことを始めるのには不向きなので、結婚式に関しては仏滅の方が
赤口よりもマシという考え方をする人も少なからず居ます。

実際に結婚情報サービス大手の「ゼクシィ」の調査によると、六輝の中で
赤口に華燭の典を行いったカップルがもっとも少ないという結果が出ています。

挙式日として妥当な六輝は?

一般的に仏滅や赤口に華燭の典を行うのはダメと言われますが、
六輝の中で挙式日として妥当なのは
 ・大安(たいあん)
 ・友引(ともびき)
 ・先勝(せんしょう、さきがち)
です。

「大安」は何をしても良い結果が得られる日なので、
六輝の中では華燭の典を行うのにもっとも適当です。

「友引」は赤口の対極で、正午のみ凶で正午以外は吉となっており、
六輝の中だと友引は大安の次に挙式日として妥当なのです。

ただし「友を引く」で「あの世に友達を連れて行く」という解釈もあり、
お葬式には友引は不向きですよ。

「先勝」には「先んずれば勝ち」という意味があり、「積極的に行動することで
幸運が舞い込む」とも言われるので結婚式のような大きな行事には向いているんです。

と言っても良いのは午前だけで午後はダメですから、
先勝だと午前中の挙式が望ましいですね。
(結婚式の始まりが午前なら終了時が午後でも問題無い)

ちなみに「先負(せんぷ・さきまけ)」は、良いのは午後で午前はダメですから、
午後に式を挙げるなら良いと言われるケースもあります。

でも先負には「平静に過ごすのが良い」という解釈もあって、
結婚式のような大きな行事には不適当と言われるケースもあるので、
先負は挙式日には適しているとはあまり言えないのですね。

赤口に挙式するのにはメリットもある

六輝の中では、赤口は華燭の典を行うのには不向きと思われていますが、
赤口の挙式には決して小さくないメリットもあります。

まず、ゼクシィの調査で赤口に華燭の典を行ったカップルがもっとも少ないという
結果からも分かるように、赤口は結婚式場の予約が埋まっていないことも多いのです。

ですから挙式予定日が赤口であれば、希望する結婚式場の予約が取りやすくなります。

同じくゼクシィの調査でも六輝を重んじて結婚式の日取りを決めるカップルが
50%を超えているので、結婚式場の予約は
 ・大安
 ・友引
 ・先勝
から埋まっていきます。

人気の式場で大安に華燭の典を行おうと思ったら何か月も前に予約しなければ
なりませんが、赤口だと1~2か月前でも予約が取れたりしますよ。

結婚式費用の割引が受けられる可能性が高い

結婚式の予約が一杯になりにくい赤口に、
料金割引などのサービスを行う結婚式場が多くあります。

華燭の典を赤口に行うことで、会場費や挙式料が無料になるなど
100万円以上の割引が受けられるケースもあったりします。

お祝い事ではあるものの、結婚式後に始まる新生活では何かと物入りですから、
結婚式の費用を抑えられるに越したことはないですよね。

同じ規模・内容の結婚式の費用が赤口ってだけで割引になるなら、
六輝を重んじないカップルにとっては赤口の結婚式は狙い目ですね。

赤口の結婚式はゲストにとっても都合が良い

挙式日が赤口だと、進路新婦はもちろんのこと
結婚式のゲストにとっても都合が良かったりします。

六輝の中では仏滅の次に赤口は縁起が良くありませんから、
結婚式などの大きな行事ってあんまり行われないんですね。

だから赤口の挙式だと、他の重要な行事と重なって泣く泣く欠席に丸を付けて
招待状を送り返すことになる可能性が低いわけです。

予約が取りやすい上に割引も受けられて、
さらに結婚式のゲストにとっても都合が良いとなると、
六輝を重んじないカップルには赤口は華燭の典を行うのに向いていると言えますね。

スタートが悪いと後は上がるだけという考え方もできる

挙式日を一般的に挙式数の少ない赤口にあえてすることで、
「後の結婚生活が良くなる一方」という解釈もできます。

六輝の解釈を逆手に取ると、何をするにも好ましい大安の挙式だと、
そこがピークで後の結婚生活は下がる一方と見ることもできてしまいます。

ところが反対にお祝い事に適さない赤口の挙式だと、
良くないところからのスタートで後の結婚生活は上がる一方だというわけです。

実際に六輝を重んじる年配の人の中にも、このような柔軟な考え方をする人も居ます。

万が一赤口の挙式に親や親せきが難色を示した場合には、
「後の結婚生活を重んじて、あえて挙式日を赤口にしている」と説得するのも
1つの方法ですよ。

まとめ

結婚する新郎新婦が六輝を重んじる場合には、
六輝の中でお祝い事に不向きな赤口は避けましょう。

新郎新婦が六輝を重んじない場合には、割引が受けられる可能性もあるので、
挙式日を赤口にすると何かとお得ですよ。

結婚式は、二人の新しい門出を親や親せきなどのゲストに祝ってもらう重要な
行事ですが、親や親せきはあくまで「ゲスト」であり、結婚式の主役は新郎新婦です。

新郎新婦の二人に「幸せになる」という強い気持ちがあれば、
挙式日がお祝い事に不向きな赤口だとしても関係ありませんよ。

-結婚式の日取り

Copyright© 結婚式の豆知識 , 2020 All Rights Reserved.